プライベートではメインマシンにMacBook Airを使っています。
基本的にはこれ1台で事足りる生活をしておりますが、たまにMicrosoft Excelを扱うとなかなか使い慣れそうもなくて困っておりました。
メニュー周りとか見慣れないので探すのに手間取るんですよね。

で、ならば仮想環境でWindows7入れてExcel入れたらMacでWindows出来るし、マシンを増やさなくてもいいんじゃないかと思ったのでした。

とりあえずMacBook AirにVMをいれてみる

というわけで、とりあえずマシンにVMを入れるところから始めてみました。
VMと言えば色々とありますが、今回はOracleのVM、VirtualBoxをインストールしてみました。
何しろ無料ですし。

インストール自体はぽちぽちボタンを押してインストールするだけなので簡単でした。

次に、Windows7をインストールする、為の準備をする

勿体ぶりましたが、インストールするにも前もって準備がいりますからね。
ので、とりあえず持っていたWindows7のインストーラーディスクをisoファイルとして抽出。

Windows7をVMにインストールする。

その後、VMを起動してisoを起動ディスクとして設定し、Windows7を起動。
あとはちょちょいとExcelをインストールして完了です。

最後に

裏話的なことを。
上記のようにVMにWindows7を入れたわけですが、
何も考えずにMacに乗せたら、空き容量全部食い尽くしてくれました。
なんだよVM用のファイル、合計30GBって。

仕方なしにMac上のファイルを削除し、新たにUSBメモリ(64GB)を買ったのですが、
FAT32フォーマットがファイルサイズ上限5GBとか知らなかったので
「あれ、インストール毎回失敗するわー、なんでやー???」 となっておりました。
無知コワイ。