12日目

2017/11/21

ばあちゃん家暮らし12日目

 

朝食:金時豆パン

昼食:玄米、味噌汁、焼肉のタレ野菜炒め

夕食:玄米、小松菜卵炒め、アジの片身干し、味噌汁

 

朝は早出で7時出勤。普通は15:30で大金菜のだが、運動会前日の準備のため19時まで残業。12時間労働である。おまけに朝から喉の調子がおかしく、午後から鼻水が止めどなく流れ、くしゃみと涙も止まらない。最悪である。

前日に抗ヒスタミン剤を飲まず、違和感を感じて慌てて朝に飲んだことがいけなかったのか。それとも薬の効果が薄くなってきているのか。

普通の鼻炎よりもひどく、風邪をひいたときの鼻水の症状に似ている。明日が運動会で用心するために、着替え、朝炊いた玄米、その他諸々を持って実家へ。

明日も7時出勤なので早めに就寝する。

 

行事前に体調を崩すことが多い。事前に無理をしていることが原因である。一昨年は2月の発表会1週間前にインフルエンザにかかり、5日間出席停止になる。

 

肉、乳製品不摂取生活を始めてから、約1年半年。病気になっても自然療法で治し、薬を使わない生活をしようと決めていた。だから、多少鼻水が出ても、咳が出ても、食べ物で絶対に治ると信じ、病院へ行くことを避けていた。

しかし、今年の3月末に初めて40℃以上の高熱を出し、肺炎になり1週間入院した。

4月1日の入園式は欠席。約2週間の病休をとったが、同僚に大変迷惑をかけてしまった。

それまで、マスクをして仕事をしたり、生姜、ニンニク、根菜類、梅干しなど毎日もりもり食べたりと病院に行かずに治そうとしたが、年度末で仕事が忙しく残業する毎日だったため病状が悪化してしまった。

そんなこともあり、少しでも何かおかしい?と感じたらすぐに病院へ行くようにしている。

 

職業上、薬を飲まずに完治することは難しいのかもしれない。特に感染症が広がる時期はクラスにウイルスや細菌がウヨウヨしている。その中で、薬を使わずに自然療法で治すことは抵抗力が弱っている体に、別の病気に感染するおそれがあり、結果として重症な病となってしまうこともある。自然療法は自己治癒力と食べ物に備わっている力をかりてゆっくりと治すことであるので、どうしても長引いてしまう。

 

薬を使わない生活は、来年この仕事を辞めてからにしようと思う。だから、今はまわりに迷惑をかけずに病気は早く治してしまうようにすることが先決である。