シンガポール旅行記も第3段を迎えましたが

6:35 ~ 0:35の18時間滞在のまだこれから11:00の話という

Dear boys並の時間の流れでお送りしてますMile Journalです。

スポーツ漫画は引っ張り過ぎると作中に目まぐるしく

ルールが変わるから気をつけようぜ(・∀・)

 

前回はガーデン・バイ・ザ・ベイとマリーナベイ・サンズの

シンガポールが誇る2大ベイと初対面を果たし

次は現地の超メジャーなフードを頂きにチャイナタウンを

向かってひたすらに歩くところで終わりました。

comastyですこんばんは、記憶が薄れるうちに書き終わりたいです。

 

 

  • 天天海南鶏飯店 → スリ・マリアマン寺院 11:00 ~ 11:30
    • マックスウェルセンターにて
    • スリ・マリアマン寺院へ移動
  •  スリ・マリアマン寺院 → スターバックス 11:30 ~ 12:00
  • スターバックス → マーライオン 12:00 ~ 12:30
  • マーライオン → ラッフルズホテル 12:30 ~ 13:00
  • まとめ
  • 関連記事

 

天天海南鶏飯店 → スリ・マリアマン寺院 11:00 ~ 11:30

マックスウェルセンターにて

前回最後はチャイナタウンと濁して書きましたが

事前に行きたい場所リストでも記載していました通り

シンガポールに数あるホーカーズの1つ

※ホーカーズとは屋台村を意味します。

マックスウェルフードセンターの中にある天天海南鶏飯店にやってきました。

 

ここはシンガポール行きを決めたときから絶対に行こうと思っていて

ブログやtwitterでもかなりの高確率で目にする

名物のティキンライス(チキンライス)が食べたい。

ローカーボ万歳とか思っていたわけなのです。

 

事前情報では行列必至とかありましたので

あえての11時着を狙ってみましたがそれでも7~8名程並んでおり

遠くからでもすぐあの店だなとわかりました。

 

f:id:milejournal:20170909214047j:plain

既に人だかりが・・

 

まぁ行列とかなんとか言っても

過去にラーメンヲタクであった自分にとっては

これくらいの行列は屁のツッパリもいいところです。

ご存知でない方にお話しますとラーメンヲタクの中には

ラーメン1杯食べるために数時間待つ人種もいます、マジです。

 

f:id:milejournal:20170909214259j:plain

そしてラーメン屋とは違い言うなれば屋台なので

回転率が大事、人がどんどん流れていきます。

 

ここで1つ予習しそびれたのが

サイズはS / M / L で選べるのですが

サイズ感を全く把握してなかったことです。

 

f:id:milejournal:20170909214123j:plain

 

うーん、参った。

しっかり満喫したいけども

正直暑さと疲労で食欲がそこまで湧いてない

そしてこの後もひたすら歩きまくると考えたら

自然に口から「Sで・・」と発してました(ノ´∀`*)

 

トレーとスプーンを持ち待っていると・・

 

・・ダンッ!!

f:id:milejournal:20170909214153j:plain

 

なんか小皿のソースのダムは決壊してるし

キュウリ?はダダッ!てなってるし

チキンのソースはビャッ!ってなってるし

 

どーにも美味そうに見えないジャマイカ。。。

海原雄山だったらブチ切れてるぞおい。

とか思いながら席を探してウロウロ。

この天天の周りは割と席が埋まっているので少し離れて着席。

 

それでは頂きます。

 

・・・ふぁっ(゚∀゚)?

 

なんだこれ美味しいジャマイカ。。。

しっとりしたチキンに相性抜群のソース。

なんでSにしちまったんだろうと後悔したものの

流石にもう一回並ぶ気力はなかったので味わって食べてたところ

あ、そういやこのソースってスイートチリかな?と

ペロっと舐めてみた瞬間

 

 

あひーーー!。゚(゚´ω`゚)゚。

 

 

舌がジンジンしますよこれ。

スイートでもなんでもないです、ただのチリ野郎です。

こんな物騒なもの決壊させやがって・・。

なんとかライスで薄め薄め完食しました。

  

・・・た、足りん(・∀・;)

やはりMでもよかったかなと思いました。

皆さんも事前にサイズ感は把握しておいて下さいね。

 

誰かといる場合は通常、食後の余韻で

のんびり喋ったりするのですが今回は1人

サクッと切り替えて次のミッションに移ります。

まさかの滞在時間15分。

 

スリ・マリアマン寺院へ移動

 

f:id:milejournal:20170909214354j:plain

木の陰から鋭い眼差し。

 

ここも大概のシンガポールの観光情報を調べると

ほぼ必ず目にする名前、ただ1回ではなかなか覚えられない名前。

サリアリママン?アリサリアマン?

Google先生「次の検索結果を表示しています:スリマリアマン

そんなやり取りが何回かありました。

メモを今見返したらサリマリアマンって書いてあるよ・・(ノ´∀`*)

 

事前調べである程度見たものの

入り口である門のインパクトが強いけども

確か靴を脱がなきゃいけなかったり短パン禁止?

とか色々ルールがあるようで(撮影も有料)

わざわざ中には入らないでもいいかなぁ・・

ということで外観だけササッと撮影して次へ。

 

f:id:milejournal:20170909214519j:plain

中国雑技団・・中東辺りの列車・・イナバの物置・・。

 

天天海南鶏飯店に行くのであればかなり近いので

ここもセットで観光することをオススメします。

 

 スリ・マリアマン寺院 → スターバックス 11:30 ~ 12:00

 

わざわざここでスターバックスに立ち寄るってことは

シンガポールイチお洒落なスターバックスに行ったの?ねぇ行ったの?

 

いいえ、ケフィアです決してそういうわけではなく

暑さと疲労で思考能力も落ちて来たので

どこかで涼を取らねば!と割と必死な時間帯でもありましたので

偶然目についたスタバで涼を取り水分補給し

次の目的地とルートを予習。

 

f:id:milejournal:20170908222528p:plain

 

図らずしもGoogle mapの写真と見事に一致(・∀・)

f:id:milejournal:20170908222657p:plain

 

Comasty撮影

 

f:id:milejournal:20170909214705j:plain

 

さてここからがまたロングウォーク。

次の目的はいよいよシンガポールの象徴

マーライオン様との念願のご対面。

 

 

スターバックス → マーライオン 12:00 ~ 12:30

 

ルートも決まったことだしいざ出発、

日差しの向きも相まって建物の日陰が増え

多少のしんどさは軽減されるもののそれでも暑い。

 

氷一杯のアイスコーヒーから伝わってくる冷たさで

誤魔化しつつもひたすら歩きます。

ほぼ一本道なので迷うことはほぼないかと。

距離にして約1kmちょっとです。

 

f:id:milejournal:20170909083014p:plain

 

途中でなんだかおシャンなFullerton bayというホテルがあり

中には入りませんでしたが豪華なシャンデリアが見えました。

 

 

 

それ以外はマーライオンに近づくに連れちょっとした

レストランやカフェが軒を連ねており(スタバもありました)

この地点まで来て休憩しとけばよかったと少し後悔。。

 

ある程度の距離から既にマーライオンが見えてきていたので

十二分に心の準備をして対面が出来ます。

 

 

念願のご対面!

もし全く滞在時間がなかったとしても

やっぱり会いたいマーライオン。

多分また次回来ることになっても君に会いに来てしまうだろう。

だってそれくらいしか見るものがないから

 

勿論想像通り人は沢山いましたがごった返す程ではありません。

そして一応、治安は良さげなシンガポールですが浮ついた気持ちを抑え

貴重品の用心は怠らず早速撮影会スタート。

 

 

あー、いいよー。

f:id:milejournal:20170909214954j:plain

 

 

 

すごく後ろ姿セクシーだよー。

f:id:milejournal:20170909214850j:plain

 

 

その放物線、最高だよー。

f:id:milejournal:20170909214933j:plain

 

 

 

・・・飽きたぜ(・∀・)

 

 

ということで

 

 

f:id:milejournal:20170909215035j:plain

マーライオンと彼女を撮る彼氏を撮るcomasty。

(この後、見事にツーショットの写真撮影を頼まれました笑)

 

 

 

 

f:id:milejournal:20170909215101j:plain

たまたま手にしてたスタバのカップで給水。

おお、なんだかいい感じ。

 

 

 

あ、そういえば子マーライオンがいるんだったな。

親マーライオンにうつつを抜かして

うっかりしてたら忘れるくらい存在感がないこやつ。

 

 

 

f:id:milejournal:20170909215129j:plain

出はかなり悪いけどここでも給水しとくか。

 

  

取り敢えず軒並みバシャバシャ写真を撮っても

1人なので飽きるのが実に早い笑。

さて次に行きましょう。

 

取り敢えず前半の最大のミッションである

マーライオンとのご対面も果たしほっと一安心。

このまま帰国になったとしてもとりあえずシンガポール行ってきたぞ!

とは言えると思いますのでもし出国が14時やらその辺りであれば

この時点で空港に戻られてもいいではないでしょうか。

戻る時は中心地から空港までMRTで1時間見ておけば大丈夫です。

 

マーライオン → ラッフルズホテル 12:30 ~ 13:00

 

建築物には割と疎いのですが

それでも知ってますラッフルズ。

一生に一度、泊まるかどうかわかりませんが

シンガポールの歴史が詰まった高級ホテル。

行って見るのはタダですし行こうじゃありませんか。

 

ということでこんなルートで歩いてます。

マーライオン脇の橋を渡って行くかどうかはお好みで。

f:id:milejournal:20170909085242p:plain

 

最初あれ・・写真で見たラッフルズホテルと違う

と思ったらお隣のラッフルズシティでした笑

ラッフルズ宿泊客はここでお買い物するんでしょう。

基本、旅中あまり買い物はしなく

今回はスーツケースすら持ってきていないので

すぐにお隣のホテルに移動します。

  

なんかイキフン出てますね・・。 

f:id:milejournal:20170909215220j:plain

 

 

正面入口は龍安寺の石庭のように手入れされとる。

f:id:milejournal:20170909215243j:plain

 

 

うーむ、ただなんだか入っていこうにも

受付「当ホテルにご滞在でしょうか?(-_-)」

comasty「・・ぐぬぬ(・へ・;)」

な展開になりそうだったので正面突破は避けることに。

 

まぁ入れなくてもしょうがない。

その時は次の目的地へ向かうかと

外周に沿って歩いていると裏口発見!

 

こんな汗だくバックパッカー野郎が

天下のラッフルズ様に入って怒られないかな?

と思いましたがすんなり侵入成功。

f:id:milejournal:20170909215312j:plain

 

 

なんだか古き良きシンガポールの高級ホテルがビシビシ伝わってきます。

先日軽く調べていた時、何やら部分改装中だとかなんとかは

知っていたのですがそこまで詳しく見ておらずここに来て

シンガポールスリングというカクテルの発祥地だということを知る。

 

至る所でスリング推し。

f:id:milejournal:20170909215340j:plain

 

 

f:id:milejournal:20170909215853j:plain

 

 

お土産物屋さんのポスターとTシャツかわええ・・。 

f:id:milejournal:20170909215402j:plain

 

f:id:milejournal:20170909215439j:plain

 

そして勿論ミーハーなcomastyは

このシンガポールスリング推しの策略に見事にハマってしまい・・

 

1名様ご来店!(・∀・)ラッシャーイ

いいお客さんだよホント・・

 

ん・・待てよ。

ラッフルズってシンガポールの高級ホテルだよな?

そんなところで提供されてる酒が安い訳がないよな?

 

1杯いくらだろう・・・・(;゚д゚)ゴクッ

 

 

f:id:milejournal:20170909215731j:plain

31SGD(≒2500円也)!!( ; ロ)゚ ゚

 

ぬぐぐ・・しかしここまで来たからには

何でも経験しとかねばただの酸っぱいブドウで終わってしまう。

 

そもそもラッフルズに泊まる面々は

こんな小銭でピーピー言わんよな。。

(゚∀゚)ピーピー

 

あくまで表面上は「あ、31SGDなのね」という表情で改めて入店。

そもそも汗だくのバックパッカーに何も求めてないだろうけど。

 

お一人様なので空いてるカウンターに通される。

隣ではリタイアして諸国を漫遊している(と思われる)金持ち老夫婦が

マップを見ながら同じようにシンガポールスリングを飲んでいる。

多分これが正解なんだろうなぁ・・。

 

そしてテーブルにある無料のナッツを

食べては床に捨て、食べては床にす・・て・・?

 

f:id:milejournal:20170909220000j:plain

 

 

大吉かいっ!( ゚∀゚)っ

説明しよう!大吉とは大阪にある

提供されるあさり汁の貝殻を

床に捨ててもよいシステムの

有名な天ぷら屋のことである!

https://tabelog.com/osaka/A2705/A270501/27003106/

と華麗なツッコミが決まった所で

カクテルが提供されます。

 

 

目の前でシェイクシェイクされません。

なので勿論ブギーな胸騒ぎも起こりません。

というより寧ろ

なんか奥の方でジャーってやってない?

ジャーって(・∀・;)

 

流石にそれを聞くのは無粋か・・。

興を削ぐことを考えるのは止めよう。

 

 

f:id:milejournal:20170909220230j:plain

カクテル自体は柑橘系の酸味と甘み

締めにやや苦味を感じとても飲みやすかったです。

(しかし絶対ジャーってやってたよなぁ・・)

 

飲み干したものの

寝不足と疲労おまけに汗だくということもあり

思った以上に酔いが回りしばし休憩。

 

周りを見ていると自分のような

ラッフルズお上りさん(失礼)が

キョロキョロしながら次々と入ってくる。

そして1杯2,500円のカクテルを1杯頼んで飲んで帰る。

ブランドパワーの凄さを垣間見ました、恐ろしい回転率。

 

さて休憩も出来たことだし次の目的地へ向かうことにします。

 

まとめ

天天海南鶏飯店のチキンライスはやっぱり美味しかったが

事前に注文するサイズを把握しないと後悔する。

 

そしてそのマックスウェルセンター内は屋根はあれど

勿論涼しくないので遠方から歩いてくると食欲がわかない。

別皿のソースはかなり辛い。

 

スリ・マリアマン寺院は覚えづらいので

スリのマリアはマン(男)だったで覚えよう。

 

マーライオン周辺は油断しがちなので

一応スリ(マリアはry)等に注意しよう。

 

ラッフルズはお土産物屋やバーもあったりするので

館内は思った以上に楽しめるけど

2017年12月中頃から2018年中頃まで

全館改装になるので要注意。

 

関連記事

 

一応、これに沿って行動していくつもりです。

www.milejournal.com

 

チャンギを制すものはシンガポールを制す編 6:35 ~ 8:30 

www.milejournal.com

 

 シンガポールが誇る2大ベイとご対面編 8:30 ~ 11:00

www.milejournal.com