f:id:yume-oi:20170601152329p:plain

 

心療内科に通っていて、知り合いになった貴子さん(40歳)

は、かなり症状が酷かった。

 

実際には統合失調症の症状が酷い、というよりも

薬の副作用が酷かった。

 

最初は鬱病と診断されて、薬を貰った。

その薬を飲んでも症状がよくならないので、さらに薬が増えた。

 

薬が増えても症状がよくならず。

心臓に針を打ち込まれて居るような感じ

何度も意識を失う。

異様に寒くて真夏でも汗がでない。

 

などの症状が数年続いた。

薬は毎日20錠以上を飲んでいた。

症状が良くならないので、薬の種類は、何度も替えられた。

医者を何度替えても症状が良くならない。

 

ある医者が、この症状は鬱病ではなく、統合失調症ではないか? と気付いた。

 

その結果、貴子さんの薬は減り、種類も抑えられた。

だが、薬を減らしたことの離脱症状が半端ではなく辛かったそうだ。

 

2年ほど薬の離脱症状を耐え抜き

最近、貴子さんの症状はかなりよくなってきた。

 

そして、スマホで、自分が若い時集めていた

ミッキーマウスのグッズなどを売り始めた。

 

今月は1万円以上利益になったのよ。

と、貴子さんは微笑んだ。

 

今も貴子さんは、会社に働きに行くことができない。

でも、メルカリで、少しずつお金を稼ぐのが

楽しみのようだ。

 

(この文章は決してメルカリの宣伝ではありません、そこんとこよろしくお願いします。)